パソコンに使われるのは、もうやめませんか?
Weblog
  • HOME »
  • Weblog »
  • 事例紹介

事例紹介

誰のためのシステム開発か

いつも投稿をご覧頂きありがとうございます。 私が中小企業様向けに提供している「完全オーダーメイドの業務用システム開発」について、実際導入いただいた会社様からいつもお褒めのお言葉を頂戴しているわけですが(ちょっと自慢)、私 …

複数データの一括入力

製造ラインが10あって、各ライン毎に20個の製品を取り扱っていて、1ヶ月(30日)分のデータと登録するとなると、10×20×30=6000件のデータ入力が必要になります。入力手間が1件あたり5秒として、30000秒=8.33時間。この項目だけを専属で入力する担当者が居たとしても残業しないと終わりません。

一応完成?

おそらく、読者の皆さんが「こんな機能あったらなぁ」って思いつくことは、だいたいが実現可能(もしくは代替提案ができます。だいたいなんで)です。
大事なことなのでもう一度言います。「だいたい」です。(笑うところですヨ?)

「毎日やっている面倒なこと」こそ効率化を!

現状別に困ってないし・・・と思った方は要注意!今はそれで良くても、事業には必ず浮き沈みがあります。今が順調であるならばこそ、「次」へ備えておくべきです。「現状維持」に甘えていると、他社に追い越されるのはあっという間です。

いつでも、どこでも仕事ができる環境

さて、私が得意としている業務用システムの開発環境についてなんですが、サーバー側ではPHPというプログラミング言語とMySQLというデータベース、そして画面上ではHTMLとJavaScriptを組み合わせたものになります。この組み合わせの利点は、操作側のPC環境を基本的に問わない点です。ブラウザさえあれば仕事ができます。いちいち事務所へ行って事務用PCを立ち上げて・・としなくて済むので、かなりの効率化が出来ます。

危険がいっぱい

(一昔前と違って、最近のこの手の通知詐欺は「いかがわしいサイト」以外でも多く見られます。なので相談されたからといって「いかがわしい奴め!」などとは全く思いませんのでどうかご安心下さい。

大事なデータを失わないための対策

今日は皆さんの大事なデータを「うっかり」や「故障」で失わないための対策についてお話します。
いざという時に備えて最後まで読んで頂けたら幸いですが、文章で書くとどうしても小難しい内容になってしまいます。「難しくて頭に入ってこない!」という方はご相談下さい。実際に今どのようにされているかをお伺いした上で最適なご提案をさせて頂きます

時は金なり②

いつも投稿をご覧頂きありがとうございます。
さて今日は以前投稿した「時は金なり」の続きです。
前回は、業務システムを構築して自動化を推進することによって作業の時短を推進するという切り口でしたが、今日は「パソコンのスペック」の話でもあります。

監視カメラ設置工事を行いました。

さて、今日の話題ですが、去る日曜日のお話。浜松駅構内タクシー組合様からのご依頼でタクシー乗り場にカメラの設置工事を行いました。

ナイショですよ?

先日来、事務作業の効率化の例として「勤怠管理のシステム化」を例示しましたが、単にシステム化するだけなら実は既成のサービスで使えるモノがいろいろあります。従業員人数×100~500円程度で利用できるのでそれはそれでいいんですが・・・

1 2 »
PAGETOP
Copyright © FIA ~Freelance IT Adviser~ All Rights Reserved.